社会保険労務士の仕事

年度更新・算定業務

労働保険の年度更新・社会保険の算定基礎届事務手続きをスピーディーに、しかも適確に処理します。

毎年7月に必ず発生する労働保険の年度更新・社会保険の算定基礎は、煩雑で企業にとって大きな負担となっています。私たち社会保険労務士は、労働社会保険の複雑で多岐にわたるさまざまな事務手続きを円滑に、しかも適確に処理いたします。

年度更新事務とは
労働保険料を確定し、概算保険料を納付する手続のことです。
算定基礎届とは
個々の従業員の社会保険料を決める手続です。

年度更新・算定基礎届の事務手続きをするためには、労働関係法令に関する高度の法律知識を必要としますので、年度更新・算定基礎届の事務手続きを報酬を得て行うことができるのは、社会保険労務士に限られています。
したがって、無資格者はもちろん、社会保険労務士でない者が、有料で年度更新・算定基礎届の事務手続きをすることは出来ません。

お近くの社会保険労務士を探す

<2月18日(火)>元中日ドラゴンズ監督 落合 博満 氏 講演!「企業経営者のためのシンポジウム」を開催します!

受付中!

元中日ドラゴンズ監督 落合博満 氏を講師に迎え、企業経営者のためのシンポジウム[社労士の提案 働き方改革2020 落合博満が経営者に伝える理論と実践]を開催します。是非ご参加ください!

各種詳細・お申込みよりご確認ください。

  • youtube 動画de社労士