福岡県社会保険労務士会とは

処分者一覧

福岡県社会保険労務士会情報公開規程第5条・6条、会費滞納会員処分規程第6条により、被処分者の氏 名を公開致します。

会員権停止処分者(1)

下記の者は、福岡県社会保険労務士会会則第45条並びに第47条第1項第2号に基づき次の期間会員権を停止する。

(処分の理由)

会費の納入について、社会保険労務士法第25条の30(会則を守る義務)の規定にもかかわらず、本会会則第60条(会費の納入)の定めに違反し、かつ度重なる督促を長期にわたって無視したことは、第40条(会則等の遵守)の規定の重大なる違反行為であるため。

(停止する会員権の内容)

本会会則第47条第2項に定めるもの及び名札板掲示の権利、並びにその他本会会員として享受し得る権利。

会員権停止処分者一覧
支 部
種 別
氏 名 登録番号
会員番号
事務所名称及び所在地 会員権停止期間
福岡東
勤務等
中原 良樹 40020038
4021001
  平成23年5月1日から
未納会費完納の日まで
福岡西
開 業
上村 伸治 40000013
4010806
上村社会保険労務士事務所
福岡市城南区別府2-15-41-201
平成21年5月1日から
未納会費完納の日まで

会員権停止処分者(2)

氏 名
上村 伸治
会員番号
4010806
登録番号
40000013
(処分の内容)

福岡県社会保険労務士会会則第45条並びに第47条第1項第2号に基づき、1年間の会員権を停止する。
ただし、現在の会員権停止期間が終了した日(未納会費完納の日)の翌日を起算日とする。

(処分の理由)

助成金申請業務を受託した際に、委託事業所の関係者と直接面談せず、また当該事業所に赴かず他の場所で用談し、成功報酬に関しても、契約書を作成していない。そのため、当該事業所の実態を把握しないまま手続を進めている。 このように、社会保険労務士として遵守すべき手続をふまず、就労実態がない事業所の職員の労働保険手続を行い、助成金申請を行ったため、福岡西公共職業安定所から処分を受ける事態を招いた。
これらの行為は、社会保険労務士の倫理綱領、会則第40条の3並びに第41条の重大な違反行為に該当するため。

会員権停止処分者(3)

名 称 みらい社会保険労務士法人福岡事務所
事務所の所在地 福岡市中央区渡辺通4-6-20 星野ビル6F
登載(法人)番号 4013003
氏 名 城 敏徳
会員番号 4032704
登録番号 44920004
(処分の内容)

みらい社会保険労務士法人福岡事務所および城敏徳会員を、会則第47条第1項第2号の「会員権の停止」処分とする。会員権の停止期間は、処分決定の日である平成31年3月22日の翌日から1年間とする。
会員権の停止の範囲は、会則第47条第2項第1号から第5号までとする。

(処分の理由)

(1)平成27年8月14日から平成28年4月30日までの期間において、みらい社会保険労務士法人福岡事務所に「その事務所の所在地の属する都道府県の区域に設立されている社会保険労務士会の会員である社員」が常駐していなかったため。
(2)当該事務所の職員が「法人事務所所長」の肩書の記載がある名刺を使用し、社会保険労務士でない者を社会保険労務士と誤解させた行為を放置したため。

会員権停止処分者(4)

名 称 社会保険労務士法人JCA
事務所の所在地 福岡市博多区博多駅東1-12-17オフィスニューガイア博多駅前3F
登載(法人)番号 4017007
(処分の内容)

社会保険労務士法人JCAを、会則第47条第1項第2号の「会員権停止」処分とする。
会員権停止期間は、処分決定の日である令和元年7月9日の翌日から1年間とする。会員権停止の範囲は、会則第47条第2項第1号から第5号までとする。

(処分の理由)

(1)依頼を受けた事業主の2016(平成28)年10月1日施行就業規則の作成において、終業時刻等について内容の異なる2種類のものを作成し、助成金計画届・支給申請に添付して提出代行したため。
(2)当該事業主の職場定着支援助成金の計画届・支給申請の提出代行において、支給対象となる労働者の要件を満たす従業員が当該事業主に在籍しているか否かの確認がおろそかであったため。(その結果、「導入した雇用管理制度を実際に実施した労働者が通常の労働者であると確認できないため」に不支給が決定された)。
(3)「社労士法第25条の16」の趣旨・目的を大きく逸脱した「社会保険労務士法人JCA」の業務運営の結果、上記(1)、(2)の事態を引き起こしたため。