メルマガ

バックナンバー

福岡県社会保険労務士会メールマガジン6月号

┏━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┓

      福岡県社会保険労務士会メールマガジン6月号
         http://www.sr-fukuoka.or.jp/

┗━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┛

= 目次 =
★平成28年度から創設、もしくは変更された助成金の中で、
 主なものについてご案内いたします。
★福岡県最低賃金総合相談支援センターを開設!(相談無料)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★平成28年度から創設、もしくは変更された助成金の中で
 主なものについてご案内いたします。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
【職場定着支援助成金】
<主な変更点>
・雇用管理制度助成において、重点分野関連事業主以外の事業主も助成の対象と
 なりました。
・介護労働者雇用管理制度助成が創設されました。
<概要および助成額>
1)雇用管理制度助成
  事業主が、新たに雇用管理制度の導入・実施を行った場合に制度導入助成
 (1制度につき10万円)を、雇用管理制度の適切な運用を経て従業員の
 離職率の低下が図られた場合に目標達成助成(60万円)が支給されます。
2)介護福祉機器等助成
  事業主が、介護労働者の身体的負担を軽減するために、新たに介護福祉機器
 を導入し、適切な運用を行うことにより、労働環境の改善がみられた場合に、
 介護福祉機器の導入費用の1/2(上限300万円)が支給されます。
3)介護労働者雇用管理制度助成【創設】
  介護事業主が、賃金制度の整備を行った場合に制度整備助成(50万円)が
 支給されます。
 賃金制度の適切な運用を経て介護労働者の離職率に関する目標を達成した場合
 計画期間終了1年経過後に目標達成(第1回)(60万円)が、
 計画期間終了3年経過後に目標達成助成(第2回)(90万円)が支給されます。

(詳細は下記をご参照ください。)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/teityaku_kobetsu.html

【キャリア形成促進助成金】
<主な変更点>
・助成メニューが4類型に整理統合されました。
・企業内人材育成推進助成金が平成27年度限りで廃止され、
 平成28年度から新たに創設された「制度導入コース」として実施されます。
<概要>
 雇用する労働者のキャリア形成を効果的に促進するため、
 職務に関連した専門的な知識及び技能の普及に対して助成する制度で、
 以下の4類型の助成メニューがあります。
1)雇用型訓練コース
 1.特定分野認定実習併用職業訓練
 2.認定実習併用職業訓練
 3.中高年齢者雇用型訓練
2)重点訓練コース
 1.若年人材育成訓練
 2.熟練技能育成・承継訓練
 3.成長分野等・グローバル人材育成訓練
 4.中長期的キャリア形成訓練
 5.育休中・復職後等人材育成訓練
3)一般型訓練コース
 1.一般企業型訓練
 2.一般団体型訓練
4)制度導入コース【創設】
 1.教育訓練・職業能力評価制度
 2.セルフ・キャリアドック制度
 3.技能検定合格報奨金制度
 4.教育訓練休暇等制度
 5.社内検定制度
 6.事業主団体助成制度
<助成額>
1)~3)OJTやOff-JT等の訓練を行った時間ごとに対して
(400円~800円/時間)と、
Off-JTに要した経費に対して(1/2~2/3)、助成されます。
4)制度導入助成として、それぞれの制度導入ごとに50万円が支給されます。

(詳細は下記をご参照ください。)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

【三年以内既卒者等採用定着奨励金】(平成28年2月10日からの施行)
<概要>
 学校等の既卒者や中退者の応募機会の拡大および採用・定着を図るため、
 既卒者等が応募可能な新卒求人の申込みまたは募集を新たに行い、
 採用後一定期間定着させた事業主に対して奨励金が支給される制度で、
 以下のコースがあります。
1)既卒者等コース
2)高校中退者コース
<奨励金の支給額>
1)対象者1人目の1年定着後に50万円等
2)対象者1人目の1年定着後に60万円等
 
(詳細は下記をご参照ください。)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000112026.html

【業務改善助成金】
<主な変更点>
・事業場内における最低時間給の引上げ額が60円になりました。
・助成の上限額が一律100万円となりました。
<概要と助成額>
 事業場内の時間給800円未満の労働者の賃金を引き上げた中小企業・小規模
 事業者に対して、労働能率の増進に資する設備・機器の導入等に係る経費の
 一部が助成されます。(上限100万円)

(詳細は下記をご参照ください。)
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html

助成金の要件等は変更になる場合があります。
申請にあたっては必ずそれぞれの助成金を担当する部署や窓口へご確認ください。
また、専門家である社労士を是非ご活用ください。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――
★福岡県最低賃金総合相談支援センターを開設!(相談無料)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――
最低賃金引き上げの動きが高まるなか、大幅な引き上げは中小企業に
大きく影響します。
それに対応した賃金引き上げを行うためには、生産性の向上等を図ると同時に、
労働時間制度や就業規則の見直しを図ることが課題になります。

この課題に取り組む中小企業への支援として、福岡県社会保険労務士会は
厚生労働省福岡労働局より委託を受け、
「福岡県最低賃金総合相談支援センター」を開設しました。
開設期間は、平成29年3月31日までです。

相談には、専門家である社会保険労務士等が無料でお答えします。

受付時間:月~金曜日(祝日除く)午前9時~午後5時
相談場所:福岡県社会保険労務士会内
(福岡市博多区博多駅東2-5-28博多偕成ビル301)
電話番号:0120-946-617【相談無料・秘密厳守】
Mail:syaroushi@sage.ocn.ne.jp
※対面相談、出張相談も承ります。まずはお電話下さい。

<相談例>
・賃金制度・賃金体系を見直したい。
・効率的な労働で残業を減らしたい。
・助成金を活用して労務コストを軽減したい。
など賃金制度に関する労働全般についてのご相談。

詳細は以下をご参照の上、お気軽にお問合せください。
http://wages.sr-fukuoka.or.jp/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆労働問題・年金のご相談は、社労士へ!!

◆発信元:福岡県社会保険労務士会
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル301
 TEL:092-414-8775 FAX:092-414-8786 Mail:mail-m@sr-fukuoka.or.jp

◎掲載内容の無断転載を禁じます。
本メールならびに本メールに記載されているURLのリンク先ウェブサイト上に掲
載されるテキスト、グラフィックス及びその他の情報に関する著作権、ならびに
その他のすべての知的所有権は、福岡県社会保険労務士会又は福岡県社会保険労
務士会へドキュメントを提供している第三者へ独占的に帰属します。
福岡県社会保険労務士会の事前の書面による承諾を得ることなく、ドキュメント
をダウンロード、アップロード、複製、改変、翻訳、使用許諾、又は、手段を問
わず転送することはできません。

Copyright 2006 SR-FUKUOKA association All rights reserved.

戻る