メルマガ

バックナンバー

福岡県社会保険労務士会メールマガジン6月号

┏━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┓

       福岡県社会保険労務士会メールマガジン6月号
         http://www.sr-fukuoka.or.jp/
     ◇◆未来投資会議で70歳までの就労機会確保計画を検討◆◇

┗━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┛

 令和元年5月15日に行われた未来投資会議(※)で、今年の夏までに70歳までの
就労の機会を確保する計画を策定し、実行に移す方針が打ち出されました。
 その内容については下記のとおりです。
(※国や地方の成長戦略を官民の代表者で議論する会議)

○人生百年時代を迎え、元気で意欲のある高齢者に、その経験や知恵を社会で発揮する
 ことが出来れば日本はまだまだ成長できる。
 生涯現役の社会に向かって現行制度を見直し、70歳まで就労機会を確保する計画を
 策定し、実行に移す。
○働く意欲がある高齢者がその能力を十分に発揮できるよう、高齢者の活躍の場を
 整備することが必要。
○高齢者の雇用・就業の機会を確保するためには、70歳までの就業機会の確保を
 図りつつ、それぞれの高齢者の特性に応じた活躍のために選択肢を広げる必要がある。
○65歳から70歳までの就業機会確保については、多様な選択肢を法制度上許容し、
 当該企業としてはどのような選択肢を用意するか労使で話し合う仕組み、
 また当該個人にどの選択肢を適用するか、当該個人が企業と相談し、選択できる
 仕組みを検討する必要がある。
○法制度上、許容する選択肢のイメージは
 1.定年廃止
 2.70歳までの定年延長
 3.継続雇用制度導入
   (現行65歳までの制度と同様、子会社・関連会社での継続雇用を含む)
 4.他の企業(子会社・関連会社以外の企業)への再就職の実現
 5.個人とのフリーランス契約への資金提供
 6.個人の起業支援
 7.個人の社会貢献活動への資金提供
 が想定しうる。
○企業は1から7の中から当該企業で採用するものを労使で話し合う。
○70歳までの就業機会の確保を円滑に進めるためには、まず第一段階の法制の
 整備を図ることが大切。
○第一段階の法制については
 1.上記1から7の選択肢を明示したうえで、70歳までの雇用確保を努力規定とする。
 2.必要があると認める場合は、厚生労働大臣が事業主に対して、個社労使で計画を
   策定するよう求め、計画策定については履行確保を求める。
○その上で第一段階の雇用確保の実態の進捗を踏まえて、第二段階として多様な選択肢の
 いずれかについて、現行法のような企業名公表による担保(いわゆる義務化)の
 ための法改正を検討する。この際は適用除外規定を設けることについて検討する必要がある。
○混乱を生じないよう、65歳(現在63歳。2025年に施行完了予定)までの
 現行法制度は改正を検討しないこととする。
○70歳までの就業機会の確保に伴い、年金支給開始年齢の引き上げは行わない。
 他方、年金受給開始年齢を自分で選択できる範囲(現在70歳まで選択可)は拡大する。
○手続き的には、今夏の工程表付きの実行計画に上記方針を盛り込む。
 さらに、労働政策審議会による審議を経て、2020年の通常国会において、
 第一段階の法案提出を目指す。

今後、高齢者雇用については、上記を踏まえて各企業で検討としていく必要があります。
同一労働同一賃金の関連もあるため、人事労務管理については専門家である
社会保険労務士にご相談ください。
http://www.sr-fukuoka.or.jp/consultants/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆労働問題・年金のご相談は、社労士へ!!

◆発信元:福岡県社会保険労務士会
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル301
 TEL:092-414-8775 FAX:092-414-8786 Mail:mail-m@sr-fukuoka.or.jp

◎掲載内容の無断転載を禁じます。
本メールならびに本メールに記載されているURLのリンク先ウェブサイト上に掲
載されるテキスト、グラフィックス及びその他の情報に関する著作権、ならびに
その他のすべての知的所有権は、福岡県社会保険労務士会又は福岡県社会保険労
務士会へドキュメントを提供している第三者へ独占的に帰属します。
福岡県社会保険労務士会の事前の書面による承諾を得ることなく、ドキュメント
をダウンロード、アップロード、複製、改変、翻訳、使用許諾、又は、手段を問
わず転送することはできません。

Copyright 2006 SR-FUKUOKA association All rights reserved.

戻る