メルマガ

バックナンバー

福岡県社会保険労務士会メールマガジン4月号

┏━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┓

       福岡県社会保険労務士会メールマガジン4月号
         http://www.sr-fukuoka.or.jp/
 **同一労働同一賃金の対応に向けて早目に準備を始めましょう!**

┗━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┛

来年2020年4月1日(中小企業は2021年4月1日から適用)からパートタイム・
有期雇用労働者法が施行され、正規雇用労働者(無期雇用フルタイム労働者)と非正規
雇用労働者(有期雇用労働者、パートタイム労働者、派遣労働者)の不合理な待遇差が
禁止されます。
同一企業内における正規雇用労働者と非正規雇用労働者の間の不合理な待遇の差をなくし、
どのような雇用形態を選択しても待遇に納得して働き続けることができるようにすること
が目的とされています。

事業主に求められることは、
1.不合理な待遇差の禁止
  同じ企業で働く正規雇用労働者と非正規雇用労働者との間で、基本給や賞与、手当
  などあらゆる待遇について、不合理な差を設けることが禁止されます。
  正規雇用労働者と非正規雇用労働者の働き方の違いに応じて、均衡な待遇(均等な
  待遇)の確保を図るための措置を講じなければなりません。

[均衡待遇]とは、不合理な待遇差の禁止をいい、
1)職務内容(業務の内容及び責任の程度)
2)職務内容・配置の変更の範囲
3)その他の事情
の違いに応じた範囲内で待遇を決定する必要があります。
[均等待遇]とは、差別的取扱いの禁止をいい、
1)職務内容(業務の内容及び責任の程度)
2)職務内容・配置の変更の範囲
が同じ場合、待遇について同じ扱いをする必要があります。

2.労働者に対する待遇に関する説明義務の強化
  事業主は、非正規雇用労働者から正規雇用労働者との待遇の違いやその理由などに
  ついて説明を求められた場合は、説明をしなければなりません。

単に「パートだから」「将来の役割期待が異なるため」という、主観的・抽象的理由では、
待遇の違いについての説明にはなりません。

まずは、自社の状況が法の内容に沿ったものかをあらかじめ把握するために社内制度の
点検を以下の手順で行い、点検の結果、制度の改定の必要があれば早目に改定の準備を
進めるようにしてください。

手順1.労働者の雇用形態を確認する
    法の対象となる労働者の有無をチェックします。

手順2.待遇の状況を確認する
    非正規雇用労働者の区分ごとに賃金(賞与・手当を含む)や福利厚生などの
    待遇について、正規雇用労働者と取扱いの違いがあるかどうかを確認します。

手順3.待遇に違いがある場合、違いを設けている理由を確認する
    非正規雇用労働者と正規雇用労働者では働き方や役割などが異なるので
    あれば、それに応じて賃金(賞与・手当を含む)や福利厚生などの待遇が
    異なることはあり得るので、その違いに見合った「不合理ではない」ものと
    言えるかを確認します。

手順4.手順2、3で待遇に違いがあった場合、その違いが「不合理ではない」ことを
    説明できるように整理する
    事業主は、労働者の待遇の内容・待遇の決定に際して考慮した事項、正規雇用
    労働者との待遇差の内容やその理由について、労働者から説明を求められた
    場合には説明することが義務付けられます。

手順5.「法違反」が疑われる状況の場合、改善に向けて検討を始める

手順6.改善計画を立てて取組む
    改善の必要がある場合には、労働者の意見も聴取しながら計画的に取組みを
    進めます。


※詳しくは厚生労働省HP
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000144972.html
をご参照ください。

法の施行までにはまだ時間がある、と感じておられるかもしれませんが、就業規則や
賃金規程を見直すには非正規雇用労働者を含む労使の話し合いが必要です。
同一労働同一賃金の対応には、専門家である社会保険労務士を是非ご活用ください!
https://www.sr-fukuoka.or.jp/consultants/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆労働問題・年金のご相談は、社労士へ!!

◆発信元:福岡県社会保険労務士会
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル301
 TEL:092-414-8775 FAX:092-414-8786 Mail:mail-m@sr-fukuoka.or.jp

◎掲載内容の無断転載を禁じます。
本メールならびに本メールに記載されているURLのリンク先ウェブサイト上に掲
載されるテキスト、グラフィックス及びその他の情報に関する著作権、ならびに
その他のすべての知的所有権は、福岡県社会保険労務士会又は福岡県社会保険労
務士会へドキュメントを提供している第三者へ独占的に帰属します。
福岡県社会保険労務士会の事前の書面による承諾を得ることなく、ドキュメント
をダウンロード、アップロード、複製、改変、翻訳、使用許諾、又は、手段を問
わず転送することはできません。

Copyright 2006 SR-FUKUOKA association All rights reserved.

戻る