メルマガ

バックナンバー

福岡県社会保険労務士会メールマガジン11月号

┏━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┓

      福岡県社会保険労務士会メールマガジン11月号
         http://www.sr-fukuoka.or.jp/

┗━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┛
= 目次 =
★業務改善助成金:中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援
★<働き方改革セミナー>最低賃金アップと業務改善助成金を開催します!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 業務改善助成金:
 中小企業・小規模事業者の生産性向上のための取組を支援
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 業務改善助成金は、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、
事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための制度です。
生産性向上のための設備投資(機械設備、POSシステム等の導入)などを行い、
事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった
費用の一部を助成します。
※平成29年度の申請受付は平成30年1月31日までです。

====================
業務改善助成金の概要
====================

★支給対象者
事業場内最低賃金が1,000円未満の中小企業・小規模事業者が対象となります。
※引き上げる賃金額により、支給対象者が異なりますのでご注意ください。

★支給の要件
【1】賃金引上計画を策定すること
 事業場内最低賃金を一定額以上引き上げる(就業規則等に規定)

【2】引上げ後の賃金額を支払うこと

【3】生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより業務改善を行い、
   その費用を支払うこと
((1)単なる経費削減のための経費、(2)職場環境を改善するための経費、
 (3)通常の事業活動に伴う経費は除きます。)

<生産性向上に資する設備・機器の導入例>
・POSレジシステム導入による在庫管理の短縮
・リフト付き特殊車両の導入による送迎時間の短縮
・顧客・在庫・帳票管理システムの導入による業務の効率化
・専門家による業務フロー見直しによる顧客回転率の向上  など

【4】解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないことなど
※その他、申請に当たって必要な書類があります。

★助成額
申請コースごとに定める引上げ額以上、事業場内最低賃金を引き上げた場合、
生産性向上のための設備投資等にかかった費用に助成率を乗じて算出した額を
助成します(千円未満端数切り捨て)。
なお、申請コースごとに、助成対象事業場、引上げ額、助成率、助成の上限額が
定められています。
詳しくは以下厚生労働省のHPを参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/zigyonushi/shienjigyou/03.html

=====================================
助成金申請支援サービスにご注意ください
=====================================
最近、社労士でない者の助成金の申請支援サービスによって、
事業主の皆様が不正受給等の法違反を問われたり、
詐欺被害に遭遇してしまうケースが発生しています。
助成金の申請は、国家資格者であり、幅広い知識と情報を有する
社会保険労務士へお任せください。
https://www.sr-fukuoka.or.jp/consultants/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 <働き方改革セミナー>最低賃金アップと業務改善助成金を開催します!
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
厚生労働省委託事業の一環として、今回、社会保険労務士を講師に、
事業主を対象とした標記のセミナーを以下の通り開催します。
ぜひご参加ください!!
セミナー終了後、個別相談も受付致します!

<日 時> 12月14日(木)13:00~16:30(予定)
<会 場> 福岡商工会議所 4階会議室
<定 員> 50名(参加費無料)
<内 容> 助成金を活用した会社の生産性向上について
・業務改善助成金の具体的な活用事例
・業務改善助成金の具体的な申請手続き

<講 師> 最低賃金総合相談支援センター
     コーディネーター 薬師寺 寛 氏(社会保険労務士)
       〃      河邊 浩之 氏(社会保険労務士)

詳細・お申込みは、以下のお知らせサイトをご覧ください。
https://www.sr-fukuoka.or.jp/news/399

※申込書によりFAX(092-414-8786)にてお申込みいただくか
 お電話(0120-946-617)にてお申し込みください。
 (御社名・ご担当者役職・お名前・申込人数・電話番号をお伝えください。)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆労働問題・年金のご相談は、社労士へ!!

◆発信元:福岡県社会保険労務士会
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル301
 TEL:092-414-8775 FAX:092-414-8786 Mail:mail-m@sr-fukuoka.or.jp

◎掲載内容の無断転載を禁じます。
本メールならびに本メールに記載されているURLのリンク先ウェブサイト上に掲
載されるテキスト、グラフィックス及びその他の情報に関する著作権、ならびに
その他のすべての知的所有権は、福岡県社会保険労務士会又は福岡県社会保険労
務士会へドキュメントを提供している第三者へ独占的に帰属します。
福岡県社会保険労務士会の事前の書面による承諾を得ることなく、ドキュメント
をダウンロード、アップロード、複製、改変、翻訳、使用許諾、又は、手段を問
わず転送することはできません。

Copyright 2006 SR-FUKUOKA association All rights reserved.

戻る