メルマガ

バックナンバー

福岡県社会保険労務士会メールマガジン9月号

┏━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┓

      福岡県社会保険労務士会メールマガジン9月号
         http://www.sr-fukuoka.or.jp/
  改正育児・介護休業法が施行されます~平成29年10月より~

┗━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┛

育児休業は原則として子が1歳に達するまで取得することができ、
保育園に入所できない等、一定の要件に該当すれば、
子が1歳6ヶ月に達するまでの間で育児休業を延長することができます。
そして、平成29年10月以降、子が1歳6ヶ月に達する時点で、
次のいずれにも該当する場合は、子が1歳6ヶ月に達する日の翌日から、
子が2歳に達する日までの期間について、更に育児休業期間を延長することが
できるようになります。

(1)育児休業に係る子が1歳6ヶ月に達する日において、労働者本人又は配偶者が
   育児休業をしている場合
(2)保育園に入所できない等、1歳6ヶ月を超えても休業が特に必要と認められる場合

保育園に入所できない場合だけでなく、子を養育している配偶者が病気等で子を
養育できなくなった場合も対象です。
2歳までの育児休業は、1歳6ヶ月到達時点において上記の理由により更に休業が必要な
場合に限って申出が可能であり、原則として子が1歳6ヶ月に達する日の翌日が育児休業
開始予定日となります。
よって、子の1歳到達時点で延長することが可能な育児休業期間は、これまで通り
1歳6ヶ月に達する日までという点、2歳までの延長の申出は遅くても1歳6ヶ月に
達する日の翌日の労務提供開始時刻までに行なう必要がある点については注意が必要です。
なお、今回の改正に伴い、雇用保険の育児休業給付金の給付期間も
2歳まで延長可能となります。
また、次の2点についても事業主の努力義務として改正法に加えられています。

(1)子どもが生まれる予定の方などに育児休業等の制度をお知らせ
(2)育児目的休暇の導入促進

詳細については、厚生労働省のHPをご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html

今回の改正法施行を受け、現行就業規則についても改正法に対応した変更が
必要になってきます。
育児・介護休業制度全般、及び制度に関連する手続等に関するご相談は、
専門家である社会保険労務士(社労士)を是非ご活用ください。
https://www.sr-fukuoka.or.jp/consultants/

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆労働問題・年金のご相談は、社労士へ!!

◆発信元:福岡県社会保険労務士会
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル301
 TEL:092-414-8775 FAX:092-414-8786 Mail:mail-m@sr-fukuoka.or.jp

◎掲載内容の無断転載を禁じます。
本メールならびに本メールに記載されているURLのリンク先ウェブサイト上に掲
載されるテキスト、グラフィックス及びその他の情報に関する著作権、ならびに
その他のすべての知的所有権は、福岡県社会保険労務士会又は福岡県社会保険労
務士会へドキュメントを提供している第三者へ独占的に帰属します。
福岡県社会保険労務士会の事前の書面による承諾を得ることなく、ドキュメント
をダウンロード、アップロード、複製、改変、翻訳、使用許諾、又は、手段を問
わず転送することはできません。

Copyright 2006 SR-FUKUOKA association All rights reserved.

戻る