メルマガ

バックナンバー

福岡県社会保険労務士会メールマガジン1月号

┏━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┓

      福岡県社会保険労務士会メールマガジン1月号
         http://www.sr-fukuoka.or.jp/
  **男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法が改正されました**

┗━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┛

平成29年1月1日に男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法が改正されました。
妊娠・出産・育児期や家族の介護が必要な時期に、男女ともに離職することなく
働き続けることができるよう、仕事と家庭が両立できる社会の実現を目指した内容と
なっております。

1.介護離職を防止し、仕事と介護の両立を可能とするための制度の整備として
○ 介護休業を分割取得ができるようになりました。
  (対象家族1人につき、3回を上限として、通算93日まで)
○ 介護休暇の半日単位の取得が可能となりました。(1年に5日を限度)
○ 介護のための所定労働時間の短縮措置等を介護休業とは別に、利用開始から3年の
  間で2回以上の利用が可能となりました。
○ 所定外労働の免除を介護終了までの期間について請求することのできる権利として
  新設しました。
○ 有期契約労働者の介護休業の取得要件が緩和されました。

2.多様な家族形態・雇用形態に対応した育児期の両立支援制度等の整備として
○ 子の看護休暇の半日単位の取得が可能となりました。(1年に5日を限度)
○ 有期契約労働者の育児休業の取得要件が緩和されました。
○ 育児休業等の対象となる子の範囲が拡大されました。

そのほか、いわゆるマタハラ防止として雇用管理上必要な措置を事業主に
義務づけております。詳細は厚生労働省HPにてご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html

上記改正に伴い、就業規則等の変更や整備が必要となります。
就業規則や育児介護休業規程の整備については社会保険労務士へご相談ください。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆労働問題・年金のご相談は、社労士へ!!

◆発信元:福岡県社会保険労務士会
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル301
 TEL:092-414-8775 FAX:092-414-8786 Mail:mail-m@sr-fukuoka.or.jp

◎掲載内容の無断転載を禁じます。
本メールならびに本メールに記載されているURLのリンク先ウェブサイト上に掲
載されるテキスト、グラフィックス及びその他の情報に関する著作権、ならびに
その他のすべての知的所有権は、福岡県社会保険労務士会又は福岡県社会保険労
務士会へドキュメントを提供している第三者へ独占的に帰属します。
福岡県社会保険労務士会の事前の書面による承諾を得ることなく、ドキュメント
をダウンロード、アップロード、複製、改変、翻訳、使用許諾、又は、手段を問
わず転送することはできません。

Copyright 2006 SR-FUKUOKA association All rights reserved.

戻る