メルマガ

バックナンバー

福岡県社会保険労務士会メールマガジン11月号

┏━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┓

      福岡県社会保険労務士会メールマガジン11月号
         http://www.sr-fukuoka.or.jp/
   ★平成29年1月1日から雇用保険法の一部が改正施行されます★

┗━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━┛

■雇用保険適用対象者の拡大
平成29年1月1日以降、65歳以上の従業員について「高年齢被保険者」として
雇用保険の対象者になります。
それに合わせ、65歳以上であり、かつ、雇用保険の適用要件に該当する方については、
所轄のハローワークに雇用保険被保険者資格取得届の提出が必要となります。
なお、高年齢被保険者の雇用保険料の徴収については、平成31年度までは免除となります。

○平成29年1月1日以降に新たに65歳以上の従業員を雇用した場合
 →雇用保険の適用要件に該当する方については、被保険者資格取得届の提出が必要
○平成28年12月末時点において、すでに65歳以上の従業員を雇用しており、
 平成29年1月1日以降も継続して雇用している場合
 →雇用保険の適用要件に該当する方については、被保険者資格取得届の提出が必要
○平成28年12月末時点において、高年齢継続被保険者である従業員を平成29年
 1月1日以降も継続して雇用している場合
 →被保険者資格取得届の提出は不要(自動的に高年齢被保険者に区分が変更されます)

※「雇用保険の適用要件」とは、1週間の所定労働時間が20時間以上であり、かつ、
 31日以上雇用見込みのある従業員の方を指します。

■再就職手当の給付率の引き上げ
再就職手当は、就業促進給付の一つで、基本手当の受給資格がある従業員の方が安定した
職業に就いた場合に、基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上あり、かつ、
離職した前の事業所に再び就職したものでないこと等、一定の要件に該当する場合に
支給されます。平成29年1月1日より、再就職手当の給付率が引き上げとなります。

<改正前>
○基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の2以上
  →基本手当日額×所定給付日数の支給残日数×60%
○基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上
  →基本手当日額×所定給付日数の支給残日数×50%

<改正後>
○基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の2以上
  →基本手当日額×所定給付日数の支給残日数×70%
○基本手当の支給残日数が所定給付日数の3分の1以上
  →基本手当日額×所定給付日数の支給残日数×60%
 
雇用保険についてのご相談・資格取得等の手続きには、社会保険労務士をご活用ください。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
◆労働問題・年金のご相談は、社労士へ!!

◆発信元:福岡県社会保険労務士会
〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2-5-28 博多偕成ビル301
 TEL:092-414-8775 FAX:092-414-8786 Mail:mail-m@sr-fukuoka.or.jp

◎掲載内容の無断転載を禁じます。
本メールならびに本メールに記載されているURLのリンク先ウェブサイト上に掲
載されるテキスト、グラフィックス及びその他の情報に関する著作権、ならびに
その他のすべての知的所有権は、福岡県社会保険労務士会又は福岡県社会保険労
務士会へドキュメントを提供している第三者へ独占的に帰属します。
福岡県社会保険労務士会の事前の書面による承諾を得ることなく、ドキュメント
をダウンロード、アップロード、複製、改変、翻訳、使用許諾、又は、手段を問
わず転送することはできません。

Copyright 2006 SR-FUKUOKA association All rights reserved.

戻る